アメリカナイズ、総仕上げ。

T.S.エリオットという詩人がいます。 元々アメリカに住んでいてアメリカに 嫌気がさし、イギリスに帰化して銀行員 をやりながら詩を書いたひと。アメリカ時代 には哲学を学んでいたとか。 そのエリオットが『文化』というものが その国に定着するには三世代必要 なんだ、と言っています。 まず、第一世代。 この世代では、その国の 建築様式や 生き方の型みたいな…

続きを読む

ねじ巻き時計のエッセイを思い出す

わたしもそれなりに年を重ね、むかしのように 入ってきた情報や事柄を素直に体に染み渡らせる ことが出来なくなってきました(笑)。 そうすると、なぜか、若いころに染み渡った情報や 経験が思い出されるんですよねえ。。。。 ぼくは、村上春樹さんの政治的な考え方やスタンスなんか はあまり共感できない部分がありますが、しかし彼の小説や エッセイは、実はかなり好きです。 特…

続きを読む

新聞、あれこれ

(1) 金を得る為にいっている場所で、お昼を 食べる時に、NHKのニュースが流れるんです。 その時、そのニュースをみて、60代半ばの男性なんかが、 『しかし、日本も1000兆円も借金してるのに、バラマキ政策 ばっかりでほんと信じらんねえよな。安倍も終わりだな。』 だの、 『実際むがし 悪りごどしたんだがらよ、素直に謝れ ばいいべやなあ。ごめんなさいってよお。韓…

続きを読む