娘の一言

koki_1_line_tw.jpg

小学六年生の娘が、母親に、

『小学校の6年間、あっという間だった。』
とぽろっと言ったそう。


ぼくはそれを嫁(実際は鬼嫁)に聞かされて
涙が出るほどうれしかったです。



ぼくは親に放置されていた少年だったんで(笑)、
どこにも連れてってもらえず、夏休みはながくながーく感じたし、

みんなが楽しそうに出かけているときには、
家で一人でドラえもん大図鑑を何回も読んでいたりしたので(笑)、

小学6年間がとってもとってもながああああああく感じたのです。


それをうちの娘は短かった、と言ったんです。



うれしかったですねえ、それを聞いたとき。


おっさんになるとうれしいこととか、楽しいことなんて、
1個もなくなるんですが、
ほぼおっさんになって初めての、
うれしいことです。


そうか、小学校6年間、短く感じましたか。


良かったな、娘よ。



この記事へのコメント

  • 沖野周平

    写真は有名な方の有名な娘さんです(笑)。
    2019年09月04日 08:08