ジブリ展(岩手県立美術館)行きました。

IMG_20200119_100224.jpg

内部の撮影が出来ないところが殆どだったので、
入口そばのオブジェをアップしますが、いやあ、
楽しかった。


宮崎監督という天才の、頭の中のほんの一部をみせてもらった
感じです。

絵コンテが結構たくさんあるんですが、
その絵の上手なこと、上手なこと。

この人はホントの天才だなあ、と思いました。

鈴木プロデューサーの執務室の再現や、
ところどころに展示してあるプロモーション計画も
緻密さと味わいがあり観ていて楽しい資料でしたし。

猫バスがあったり、トトロの影があったり(影絵のようになってる)
たのしい仕掛けもあり、飽きません。

作品群の訴求点とでもいう部分が、
親子愛や、
自然との共生、
大人への成長、
社会とはなにか、
男女愛、
戦争のこと、
孤独や生きること、などなど、もっとあるとは思いますが、
それこそ、たくさんの訴求点があるので、
男女、老いも若きも、たくさんの方たちが来ていました。

おそらくですけど、
岩手県立美術館の入場者数の中で、歴代ダントツトップなのでは
ないでしょうか。

いやあ、驚くべき人気です(笑)。


楽しかったです。
物語の作り手として、尊敬すべき存在の宮崎監督。

今、また、作品を作っているということでした。
たぶんもう80近いですよね、年齢。

負けていられないって、負けてるんですが(笑)、
監督を見習って、
わたしもアマチュアながら、頑張っていきたいです。

この記事へのコメント