誕生日プレゼント2 コーヒー

DSC_0688.JPG

このコーヒー、フラットホワイトコーヒーファクトリーというカフェで
買ったと、プレゼントしてもらいました。

そうそう、田中みな実の写真集は団長からもらいました。
書くの忘れた笑、失礼失礼。

このコーヒーは、葉月鈴音さんからもらいました。

一口飲みましたが、苦みと渋みがやや強く、カフェならではの味で、
とてもおいしいコーヒーです。正にクラフトコーヒーという感じ。

こういうコーヒー、なんていう豆なんだろうか。あまりコーヒーは詳しく
ないので、わかりませんが、この味はおいしいなと思います。
自分でもこの店に行って、買いたくなる味です。

鈴音さんがこのコーヒーを買う時の店員の対応の話が、
聞いていて、なんともいい気持ちになりました。

店員さんが一生懸命プレゼント用として映えるようにしてくれる
のですが、一生懸命過ぎて選択肢を与えられすぎる点や、
一生懸命過ぎて鈴音さんの後が行列になってしまっていた点など、
楽し気に教えてもらい、アラフィフのおっさんはとても心温まりましたね。

家族でも親でもない人からこうしてプレゼントをもらうアラフィフおっさんという
状態にあることが、わたしの素性からして奇跡ですな(笑)。

わたしは本当に奇跡男です(笑)。

ぐだぐだなドロップアウトをしても収入があり、
何度も別れを経験しても家族があり、
海に守られた島国にこうしてのほほんとして生きて、
誕生日プレゼントをもらって喜んでいられる。

奇跡男でしょう、これは。

いくらニーチェが『神は死んだ』と叫んでも、
これだけの奇跡があると、神の存在がちらつくのも、
人間の性(さが)でしょうな。


いまはこのコーヒーの味を味わい、
朝日を浴びて、
空の雲の流れを眺めたいです。


おいしいコーヒーだ。

この記事へのコメント