震災関連作 『 娘と父 』


title.jpg

この作品、2012年の1月に書いた作品です。
読み返してみると、懐かしい。
懐かしいです。

未熟なところもありますが、ご興味がある方は
読んであげてください。



『 娘 と 父 』      2012.1.05    作:沖野周平

==============================

父(高田雄大):50代男性  [お]
娘(高田葵):20代女性  [む]
バーのマスター:40代男性 [マ]

==============================

シーン1:バー

se:階段を登る音
(革靴のこつこつこつという)
バーのドアがあく音

バーのマスター(以下マ):いらっしゃいませ。

男(以下お):ああ~、まだまだ、寒いね。

マ:そうでございますね。

お:いつもの、・・・といっても、ちょっと来てなかったね。

マ:いえ、いつもので、大丈夫でございます。
かしこまりました(微笑みながら)。

se:酒などを準備している音。
ジャズが流れ始める。

マ:おかわりありませんでしたか?・・・少し、お痩せに、なられたのでは?

お:そうね。ちょっと、中年太りだったんで、ダイエットした
んだよ。結構痩せたでしょ?

マ:ええ。そうですね。

お:会社がさあ、結構いま儲かっててね。利益率なんか創立以来の数字になっちゃってさ。
大変よ。

マ:そうなんですか。

お:業種によって、今回の地震影響がさ。プラス側とマイナス側のどっち側の影響かって
のが、顕著に出ちゃってるよね。
うちはラッキーなことに、プラス側って感じなんだね。お陰様で。

マ:高田様は、建設業でらっしゃいまいしたよね。

お:うん。

マ:痛んだ建物の建て直しとか、いろいろ需要があるでしょうね。

お:そうね。津波でダメになった、工場とか倉庫の建屋の修復とか。いまはそっちの
方が多いかな。

マ:そうですか。

お:ぼくが、そっちの方を担当してるから、多く感じるのかもしれないけどさ。
結構、多いよ。沿岸部に工場ってこんなにあったんだな、って思ったよ。

マ:そうなんですか。

お:船を使って、その工場で作る原料なんかを搬入したり、あと輸出したりするんで、
沿岸部に工場があると、便利なんだね。

マ:なるほど、ですね。
(ちょっとした、間)

お:マスターんとこは、どうなの?最近。

マ:うちですか?うちは、まあ、ぼちぼちって感じですかねえ。

お:ぼちぼちか。まあ、まあ、いいよね。『からっきし』って訳じゃないんだから。

マ:ええ。そうです。あんな地震があっても、こうして常連のお客様に来ていただける
んですから。

あ、すみません。お伝えするのが遅くなってしまいましたが、あちらに高田様をお待ちのお客様が
来店されて、おります。

お:ん?ぼくに?ほんとに?

マ:ええ。あちらの窓際の席にて、お待ちです。

お:ん?誰よ。


==============================

シーン2:娘


娘(以下む):(手を振りながら)パパ。
↑遠くから、呼びかける口調で。

お:お、お前か。

む:(se歩いて来る音)
ふふ~ん。誰だと思った?馴染みの店のママが急に訪ねてきたのかなとか、
思った?

お:なに言ってんだよ。馴染みの店のママなんて、こんなところに来ないよ。

む:ふ~ん。・・・・でもやっぱり馴染みの店は持ってるんだね。パパも。
否定しないってことは。

お:そりゃあるだろ、おれだって、いろんなつき合いがあるんだよ。
会社の中にしても、取引先とかにしても。

む:まあ、そうね。ふーん。

お:と、いうか、なんでお前、この店のことわかったんだ?

む:ふふ~。ある人から、聞いたのよ。パパは、いつも、仕事が一区切りすると、
この、欅並木が見えるバーに来るんだって。

お:(舌うち)誰だ、勝手に個人情報を漏らしてるやつは。・・・本山か?いや
あいつじゃ、ないな・・・・。遠藤あたりかな。あいつ、口軽いから。

む:ふふ~。内緒。

お:なにか、飲んでるのか?

む:あ、うん。

お:頼めよ。
あ、マスター。

マ:はい。

む:じゃあ、さっきの。もう一杯、お願いします。
(隣の席に座る)

マ:かしこまりました。

お:何時頃、来たんだ?ここに?

む:え?30分くらい、前かな。

お:仕事、ちゃんと終わらせてきたのか?

む:だいじょぶよ、終わらせてきました。
総務の仕事なんて、ちょちょいのちょいよ。

お:なにがちょちょいのちょいだ。

む:パパが同じ会社にいるんだから、迷惑かけるようなことは
しないわよ。『あいつは全然仕事しない』とか。『あいつは
勤務態度が悪い』とか。そういうこと、人から言われない様には、
してますから。

お:そうか。

む:所詮あいつは、『縁故入社』だから、な~んて、言われないように。

お:意外と気にしてるみたいだな。
・・・まあ、そんなに気を使う事はないよ。最低限のことをまずクリアすれば。

(沈黙⇒ se:ジャズが聴きどころを迎える。)

む:・・・・わたしねえ。

お:うん?

む:パパのこと。誤解してた。

お:(笑)なんだよ、急に。

む:うん。なんか、こういうところじゃないと、こういうこと。
言えなくて。
照れくさいでしょ?こういう、改まったこと、言うのって。

お:改まったことは、こういうところでも、照れくさいよ。
ねえ、マスター?

マ:(笑)。ふふ、そうですね、改まった話は、結婚式の挨拶の時だけに
してください、な~んてね。

お:(笑)。流石、娘を持った父親の言うことは、違う。

マ:(笑)。

む:マスターの娘さんって、なんか、『すごい美人』で、『おしゃれ』で、
『頭よさそう』ですよね。

マ:(笑)。いえいえ、そんなそんな。・・・・出来の悪い娘でして。
誰に似たのかなっていつも思ってます。・・・ぼくなのかもしれませんけど、ね(笑)。

む:娘さん、このバーに来たりしないんですか?

ま:一度、急に来たんで、追い返しましたよ。来ないでくれよって言って。

む:へ~。そうなんですか。。。。やっぱり自分の職場に、家族が来るってのは、
嫌なものですか?

ま:え、あ、いや、まあ、それは、人ぞれぞれだと思います。
高田様のように大きい会社であれば、家族の方が入られても、別の場所で
仕事をされる訳ですから。あまり干渉というか、接触というか、そういうものは
ないんでしょうから。
うちの場合は、この店だけですから(笑)。

ま:いやいや、結構、すれ違うよな。廊下とかで。

む:そうよね。食堂で会うの、結構嫌がってるんじゃないかなって気がしてた。パパ。

お:ま、別に嫌ってほどじゃないけど。
なんか、なあ。娘と食堂で一緒ってのも、なあ。

む:別にいいじゃない。一緒にランチしましょうよ。

お:い、一緒にランチは、ちょっとあれだよ。ねえ、マスター?

マ:(笑)。いや、いいんじゃ、ありません?親子で、ランチ(裏切りの笑)。

お:裏切られたな(笑)。

む:(笑)。
・・・・わたし、小さい頃から、パパの、家にいるパパのこと、見てて、なんでこんなに
疲れちゃってるのかな とか思ってたんだよね。。。。

お:・・・そんなに疲れてたか?

む:なに言ってるのよ、もう明日にでも死にそうなくらいだったじゃない。
酒は毎日呑んだくれるし、お酒飲むと、私と話したこと、全然覚えてないし。

お:(笑)。ま、もう、水に流してくれよ。昔の話は。

む:子どもは親の背中を見て育つっていうけど、わたしはお父さんの『呑んだくれた姿』を
見て育ったのよ。

お:(苦笑)それはちょっと、大げさじゃないか?

む:大げさじゃないわよ。だからわたし、お酒嫌いになったんだもん。
あんなに人をだらしなくするもの、大っ嫌いっ!!って思って。

お:・・・ま、反面教師ってことで、理解してくれないかな。

む:それに、寝たら寝たで今度は、すごいいびきでしょ?
寝言もすごいし。『ああああああああああ~~!!!!!!!!!』とか言っちゃって、
ビルの屋上から落ちてる夢でも見てるのかと思うわよ。
ねえ、そういえばあの『ああああああ~~!!!』の時、どんな夢、見てたの?

お:ビンゴだよ。ビルから落ちてる夢です。正解。

む:なんで落ちちゃうのよ(失笑)。

お:背中を押されるんだよ。ドンって。

む:誰に?

お:会社の同僚とか、学生時代の先生とか、先輩とか。
・・・・お母さんとか。

む:お、かあ、さん。ね。

お:お母さんが、一番、あれだったな。

む:あれって?

お:唐突というかさ。普通に話をしててさ。
会話が途切れたと思ったら、急にどん!!って背中を押すんだよ。
そりゃ、『ああああああ~!!!!!』って叫んじゃうよ。びっくりするだろ、急に
背中押されてビルから落ちたら。

む:(笑)。そういうこと。

お:ああ。

む:でも、何回もそんな夢みたら、大体予想ってつかないの?
そろそろ、落とされるか。とか?

お:いやあ、これが、毎回、驚かされるんだよ。全然覚えてないんだな。
寝る前は、今日あの夢みるかもなあ、喧嘩したからなあ。とか思うんだけど、
寝てしまえばもうだめだよ(笑)。

む:そうなんだ。・・・お酒ばっかり飲んで、寝てるからよ。

お:(苦笑)。まあ、そうかもな。
・・・でも、こうやって、お前とバーで飲むだなんて、なんていうか、
不思議な気分だな。

む:ふふ。うれしいでしょ?わたしと、外でお酒が飲めるなんて。

お:ふ(笑)。

se:氷の音。

む:マスター。おかわり下さい。

お:おい、飲みすぎるなよ。

む:いや、パパに言われたくないわよ。
最近気付いたんだ。けっこう飲める人なんだって。わたしは。

お:そうなのか。

む:うん。お酒、嫌いって思ってたから飲んでなかったけど、ちょこちょこ飲む様に
なったら、わかったの。飲んでも、あんまり酔わないもん。

お:そうなのか。
・・・・。お前、どうなんだ?彼氏とか、いるのか?

む:え、なに急に。・・・いないわよ。

お:酒がどうのとか、言ってるからさ。男とでも、飲んでるのかと思ってさ。
まあいいよ。まだ若いんだし。しっかり選んだ方がいい。
・・・男は色々だからな。

む:・・・男は、色々ねえ。

お:なんだよ、意味ありげなリアクションだな。

む:そんなこと、ないわよ。
『女だって色々よ』って、思っただけ。

お:随分、大人なこと、いうじゃない。

む:ま、私もそれなりに色々と経験をしていますから。
知りたくないようなこと、知ってしまったりしながら、それなりに大人になってんです。
わたしも。

お:知りたくないようなことを知ってしまったり。か。
・・・・色々あったんだな。お前も。

se:ジャズを聴き入る二人。


==============================

シーン3:馴れ初め


お:マスター、もう一杯。

マ:かしこまりました。

む:そういえば、お母さんと、お父さんって、どっちから、先に付き合おうって言ったの?

お:な、なんだよ、急に。

む:その辺の話、詳しく聞いたこと。無かったなって思って。

お:いいよ、その辺の話は。

む:テニスのサークルで出会ったんでしょ?それは知ってるの。
確かサークルの名前は、『川内テニスサークル』っていうんでしょ?

マ:どうぞ。
se:グラスを置く音。
へー、川内テニスサークルねえ(笑)。

お:ほら、マスター、食いついてきちゃったじゃないかよ。
お前、そういうのなんでちゃんと憶えてるんだよ。

む:え、だって、あのテニスコートってそんな昔からあるんだって、思ったから。

お:そんな年寄り扱いするなよ。ほんのちょっと前の話だろ、ぼくとお母さんがテニスしてた
ころの話なんて。

マ:そうですよ、お父さん、まだまだ若いんですから。

む:あ、そうですね、ごめんなさい。
そのサークルで初めて会ったの?お母さんと。

マ:ああ。そうだよ。

む:どっちからアプローチしたのよ?

お:どっちだと、思う?

む:・・・・お父さんから、かな?

お:(笑)。何でそう思うんだよ。

む:なんとなく。お父さんの方が、先に好きになったんじゃないかって。

お:・・・まあ、そうだな。
・・・、というか。こっちがぞっこんだったな。

む:へー、そうなの(笑)。ぞっこんだったの。

お:ああ。そうだ。
・・・・お母さん。かわいくてなあ。
一目、見たときから、惚れてしまったよ。
まあ、一目ぼれってやつだよ。

む:そうだったんだ。

お:そうだよ。

む:じゃあ、告白も、お父さんから?

お:ああ。そうだよ。
でも、お母さん、なかなか、こっちが好きなんだって思ってる
こと、気付いてくれなくてなあ。

む:え、そうなの?

お:ああ。出張先で、電車待ってる間に電話したり、映画の話をして、
それとなく、映画に誘ってみたりしても、さ。

む:うん。

お:こっちが好意を持ってるってこと、全然 気付かないんだよ。

む:全然、気づかないんだ?でもそれって、誘い方が悪いんじゃないの?

お:誘い方の問題かな?普通、映画に誘ったりしたら、好意を持ってるって
思わないか?

む:まあ、そうねえ。少なくとも嫌いな人とは映画行かないしねえ。

お:いや、男と女で映画に行くっていったら、どうみても、さ。
ねえ、マスター。

マ:ま、まあ、そうですよねえ。男性側からすれば、そういう前提って思ってる
場合が、多いんじゃないですかね。
女性はどう、感じるかわかりませんが。

む:でもそれは、あれよ。行っちゃうわよ。
別にそんなに好きじゃなくても。普通に友達なら。

お:『別にそんなに好きじゃなくても。普通に友達なら。』行っちゃうのか。

む:あ、そういえば、言ってたわ。
いま、思い出した。

お:なんだよ。

む:お父さんと映画にいった話。

お:お、そうか。なんていってた?

む:『そんなに好きじゃなかったけど、まあ、別にいいかって思って、
行った。』って言ってた。

お:『そんなに好きじゃなかったけど、まあ、別にいいかって思って、
行った。』か。
・・・・・。はは。ははははっははは。(寂しさを含んだ笑い)

==============================

シーン4:死との対峙

お:じゃあ、
あの世で、その事、よく、確認しないと、な。

『ホントに、おれのこと、そんなに、好きじゃなかったのか?』って。
葵(あおい)から聞いたぞ、って。

む:そう、ね。
でも、わたしが、聞いて、みて、いいかな?

お:な、何を、言ってるんだ。

む:・・・・・わたし、もう、お母さんのところ、行きたい。
また、お母さんと、話、したいんだ。(泣きながら)

お:お前は、まだ早い。
・・・・いま行っても、お母さんとは会えないぞ、きっと。

む:(ぐすっぐすっ)

お:親より先に死んだら、賽の河原で、ずっと石を積まされるん
だぞ。知らないのか?
どんなに石を積んでも、鬼に崩されるんだよ。

積んでも積んでも、結局、鬼に、がらがらと崩されてしまう。

・・・・そんなところへ、お母さんは、来ない。

む:(咳き込む)

お:あいつは、人の為に死んだんだ。津波にのみ込まれそうになってる
人を助けて、その人の身代わりになって、死んだんだ。
・・・・だから、あいつは、天国に、いるんだ。

む:(泣いている。)

お:・・・最近、あいつの夢を見るん、だ。
酒を飲まなくなってから、はっきりと、夢を覚えてる様になってさ。
あんまり覚えてるもんだから、ちょっと、辛くてな。

また、ここで、飲もうかなって。

思ってさ。

む:・・・・、そうだったんだ。

みんな、言ってたわよ。
お父さん、もっと、休んでいいのに、って。
奥さん亡くされたんだから、って。

・・・わたしも、同じこと、言われたけど。
・・・休んでいいんだぞって。

お:働いてた方が、いいよ。
家にずっといたら、あいつのこと、考えてしまう。

む:そう、ね。

se:ジャズを聴く二人。

お:マスター、じゃあ、おあいそします。

マ:ありがとうございます。

se:お金のやり取りの音

マ:なんといったらいいかわかりませんが、

・・・・生きて、いきましょう。
・・・・奥様も、そう、お望みだと、思います。

お:うん、ありがとう。
・・・そうなんだよ、毎晩毎晩、夢に出てきてさ。
生きて、生きてってうるさくてさ、あいつ。

そんなに死にそうかね、ぼくは(笑)。

む:死にそう、だったわよ。
目が。どこ見てるかわからなかったもん。

お:最近目が、調子悪いんだよ、コンタクト合わないのかな。

・・・、じゃあ、マスター。
また、来ます。

む:わたしも、また、来ちゃいます。

マ:ええ。お二人揃って、また、是非、いらしてください。
お待ちしております。

se:足音、ドアの音。
雑踏の音。

-fin-

この記事へのコメント

  • 沖野周平

    出演:娘(さとぷ) 父(綾瀬武) マスター(福井信彦)
    さとぷさん、綾瀬さん、元気にしているかなあ。
    2021年03月13日 16:05