『 少ない人 』

2019/04/06 21:10
『 少ない人 』           作:浮蜘蛛     ぼくはそんなことを言ってるんじゃない。   君は、ぼくの言うことを大げさだとか。 的外れだとか、言うけど。   ぼくは、そんなことを言ってるんじゃあ、ないんだ。     女と男が全然違う生き物なんだって。 そう、君はいう。 理解。 それは確かにそうだ。 確かに、全然違う生き物だ。   理屈とか道理とか、い..

続きを読む

『 夜にミッキーマウスを 』

2019/03/13 19:05
2017年の 12月10日に、放送した作品の詩とシナリオの中間のような 作品です。 この作品、相当なお気に入りです(笑)。 ==================== 『 夜にミッキーマウスを 』     作:沖野周平   夜に、ミッキーマウスを轢いた気がした。 少し、カーラジオのボリュームを上げようと、 プラスボタンを押していたら、   (ぼりん、ぐりん) っていう、生柔らかな半熟な、だけど芯がある感じな、 そんな..

続きを読む

『 タイムラグ 』

2019/01/03 23:13
作品背景・きっかけ) 伊勢市に天空のポストという、 高地にあるポストがあり、 実際にそこから亡き人へ の手紙を出している人々が いる。 ・・・という話を聞いて、この 詩のようなものを書きました。 =================== 『 タイムラグ 』 あなたへの手紙を書いた。 空と尾根の境界線を、 ポストの向こうに見て、 今、わたしはあなたへ、 手紙を出そう。 これが何通目の手紙に なるだろう。 この高原にあるポス..

続きを読む

2018年 東京観劇ツアー 最終作『自ら慰めて』 その2

2018/09/09 21:57
劇の始まりは、ベッドの男が自慰行為をしている最中に、 いっしょに同棲している彼女が帰ってくる、という場面から 始まります。 ゴミ箱の中は、その結果のゴミ(笑)でいっぱい。 彼女は、ごみを捨てたり家のことをしてくれないことについて、文句をいいます。 ベッドの男はそれに嫌気が差します。セックスの関係がないことについても、 なんでなのか、彼女からきかれ、男は更に嫌気が差します。 家から出ていき、後輩と外で落ち合うのですが、その後輩はベッド男が家を出..

続きを読む

2018年 東京観劇ツアー 最終作『自ら慰めて』 その1

2018/09/08 20:51
東京観劇ツアー2018年。平成最後の年の観劇ツアーでした。 ぼくのセオリーの一つ、演劇の再演は絶対面白い。というのは、 2作目に見た『サギムスメ』であっさりと崩れましたので、絶対的な自信は 崩れてしまったものの、直観としてこの芝居は面白いと思ってました。 結果、もう会場に入った時から面白い、と思えました。 狭い劇場の端に、ベッドがあり、そこで若い男がスマホでエロビデオを 見ています(笑)。大きな喘ぎ声が派手に会場に響き渡り、作品に たいする作りこ..

続きを読む

一番最後が一番安くて一番面白かった

2018/08/31 19:53
スマホ書き込みめんどくさいんで、 詳細後から書きますが、 この芝居、2200円で詐欺ムスメの 半額以下でしたが、私芝居史上、 ベスト3に入る傑作でした! 主宰が、大学生に毛が生えたみたい な人でしたが、才能の塊みたいな 人でした。 上写真が会場。 到着前に雷雨に見舞われました。 民家の玄関屋根みたいなところで 勝手に雨宿りさせてもらいましたが、 なんのドラマもロマンスも、ありは しませんでした。大人になった僕を プーさんが追いかけて..

続きを読む

もっと見る